Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

ポジション

少年サッカーにおいてポジション毎に難易度が変わるのか。また上手い選手とそうでない選手に合ったポジションはあるか。結論的にはありません。 実例をもとに解説します。

フォーメーション・システム

サッカーにおけるフォーメーションには、そのフォーメーションが持っている構造上の特性があります。この特性を理解しないとどのような戦術をトレーニングすべきかがわかりません。この記事では構造上の特性と選手が学ぶべき戦術、指導のポイントについて解説します。

戦術指導

子どもたちの状況判断力を鍛えるには、戦術メモリーを高める必要があります。日本ではあまり聞きなれないこの言葉。 戦術メモリーとは何か、少年サッカーにおける指導のポイントを解説します。

仕事・パーソナリティ

少年サッカーを指導していると勝利を目指すべきかそれとも育成が大事なのかと悩みます。これを解決するにはそもそも結果とは何かを定義すること。5つの結果を追求する必要性を解説します。

マネジメント

子どもたちがサッカーを始めたばかりの頃、まだまだサッカーに対する動機は薄いです。そのためコーチのアプローチは高学年のようにはいきません。最初の段階に必要な外発的動機づけと具体的な指導例を解説します。

サッカーの構造

サッカーにおける数的優位とは何か。基本的な考え方と、ジュニア年代における指導のよくある失敗例をもとに、コーチングのポイントを解説します。

ゲームモデル

ゲームモデル(プレーモデル)という考えをジュニア年代で採用するメリットはいくつかあります。この記事ではゲームモデルを勉強する際に読んでおくべき書籍とともに解説します。

フィニッシュ

サッカーにおけるコンビネーション。その中でも基礎となるの2人組でのプレーです。この記事では2対2をベースに、ワンツーやドリブル、裏への抜け出しを使う崩しのポイントについて解説します。

戦術指導

日本の小学生年代で定着している8人制サッカー。11人制と比べて人数を減らすことで様々なメリットがあります。基本的な考えと共に、その中でも重要な戦術的負荷が下がることについて解説します。

ゲームモデル

サッカーにおけるゲームモデルの作成方法。その中でもポイントとなるプレー原則。基本的な概念と設定方法、トレーニングとの関連づけと注意点、ジュニア年代の指導のポイントについて解説します。