Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

サッカーの構造に関する記事一覧


サッカーの構造

サッカーにおける数的優位とは何か。基本的な考え方と、ジュニア年代における指導のよくある失敗例をもとに、コーチングのポイントを解説します。

サッカーの構造

サッカーにおける4つの局面とは何か。実はこれを掘り下げていくと、ゲームモデル作成やゲーム分析、練習メニューづくりの基本となる考えがわかります。サッカーを体系的に捉える4つのフェーズと11のサブフェーズについて解説します。

サッカーの構造

サッカーのゲーム中、自分たちのチームが今何をしている場面か?をわかりやすく分類するためにジュニアサッカー 大学では「11個のチーム全体のアクション」を設定しています。 今回は「サッカーの複雑な現象」をわかりやすく整理するためのフレームワーク…

サッカーの構造

こんにちは。ジュニアサッカー大学のカズです。 サッカーのゲーム中、自分たちのチームが今何をしている場面か?をわかりやすく分類するためにジュニアサッカー 大学では「11個のチーム全体のアクション」を設定しています。 今回は「サッカーの複雑な現…

サッカーの構造

ビルドアップの始まり(サリーダ・デ・バロン)はサッカーにおける4つの局面のうちの「組織化された攻撃」の中に位置するサブフェーズです。この記事では基本的な概念とジュニア年代の問題や特徴も含めて解説します。

サッカーの構造

サッカーにおける3ゾーンという考え方。ゾーン1や攻撃ゾーン、アタッキングサードなどいろんな呼び方がありますが、11のサブフェーズと絡めると整理しやすくなるので8人制サッカーと絡めて解説します。

サッカーの構造

教科:戦術論科目:戦術基礎テーマ:「2種類の前進方法」 今回の講義は「サッカーにおける2種類の前進方法」について解説しています。①ダイレクト攻撃(ロングボール主体)②ビルドアップ攻撃(ショートパス主体)それぞれ特徴や選手に必要な能力が異なり…