Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

教材

この記事は、ジュニア年代のサッカーにおける戦術指導の方法を講義した教材です。 指導歴26年の中で実際に経験し、改善しながら得たリアルな内容です。今後も随時、加筆修正することでアップデートされる生きた教材となっております。

戦術コンセプト

スペインだと戦術用語として一般化しているフィハール(Fijar)。ドリブルで相手を引きつけて味方をフリーにする戦術です。この記事では概要とポイントについて解説します。

戦術指導

サッカーにおけるオフザボール。動きの重要性は理解できますがどのように教えるかは結構難しいです。この記事では2つの要素を理解して3ステップでコーチングする方法を解説します。

スキルアップ

サッカーコーチに必要な知識は大きく2つに分かれます。1つはサッカーそのものの知識で、もう1つは別分野の知識。この記事では心理学や脳科学を学ぶと指導スキルがアップする理由と実際に僕が応用している例を紹介します。

練習メニュー

サッカーの攻撃において、スペースへ動いたりポジションチェンジをして守備を撹乱することは大事ですが、同時にポジションのバランスを保つことも重要です。この記事では、ポジションチェンジを繰り返しながらもバランスを保つ練習メニュー5対2のロンドについて紹介します。

練習メニュー

ジュニア年代の試合において、選手たちのサポートが止まってしまい、動き直しができないことでボールが循環しないということがあります。この記事ではサポートとポジショニングの修正を連続させる練習メニューを紹介します。

練習メニュー

この記事では、サッカーの攻撃のフェーズにおける崩し方の練習メニューを紹介します。3対2の数的優位な状況から効果的な崩しを行うための基礎的な戦術とポイントを解説します。

練習メニュー

この記事では、ジュニア年代でビルドアップ攻撃を行う際の基礎的な戦術が詰まった練習メニューを紹介します。運ぶドリブル、相手をひきつけるフィハール、サポートを通じて数的優位を作ることができます。

練習メニュー

数的優位な状態を効果的に使うための基礎戦術フィハール。スペイン語で相手を引きつける意。低学年向けの練習メニューを3つ紹介します。

戦術コンセプト

サッカーにおける攻撃の基本的な戦術、スペースを作る動きと使う動き。基本的な考え方と指導方法、僕が実際に指導したU-12の例(動画)を使って詳しく解説します。