ジュニアサッカー大学

ジュニアサッカーコーチのための学びの場。基礎的な知識から専門的な知識まで、指導現場で役立つリアルな情報を発信

TODAY’S NEWS

More

戦術

少年サッカー【3DFから変則型ビルドアップ】具体例と選手の特徴

少年サッカー【3DFから変則型ビルドアップ】具体例と選手の特徴

8人制サッカーにおいて3バックを採用している場合、相手のワントップに対してビルドアップがやりにくいということがあります。それを解決するには攻撃と守備時のフォーメーションを変更する方法が有効。この記事では3バックを2バックにする変則型のフォー...
More

トレーニング

More

練習メニュー

練習メニュー【5対5+2】スペースの活用・マークを外す動きを学ぶ

練習メニュー【5対5+2】スペースの活用・マークを外す動きを学ぶ

前線からハイプレスをかけて行くることが多いジュニア年代でビルドアップを行うには、ショートとロングパスを使い分ける必要があります。そのためには味方と連動した動きやスペースの活用、マークを外す動きがポイントになってきます。それらをまとめて練習で...
More

RECENT ARTICLES

【練習では上手いが試合でできない】少年サッカー・練習のポイント

【練習では上手いが試合でできない】少年サッカー・練習のポイント

少年サッカーにおいて、練習では上手くできるのに試合になったら上手くできないという現象があります。それは練習と試合が切り離されていることが原因かもしれません。この記事では練習で起こる5つの問題と解決策について解説します。日々の練習に問題があるかもしれないと感じる方は是非ご覧ください。
少年サッカー【3DFから変則型ビルドアップ】具体例と選手の特徴

少年サッカー【3DFから変則型ビルドアップ】具体例と選手の特徴

8人制サッカーにおいて3バックを採用している場合、相手のワントップに対してビルドアップがやりにくいということがあります。それを解決するには攻撃と守備時のフォーメーションを変更する方法が有効。この記事では3バックを2バックにする変則型のフォーメーションについて解説します。
【3バックでのビルドアップ】ジュニアサッカー・具体的な方法を解説

【3バックでのビルドアップ】ジュニアサッカー・具体的な方法を解説

8人制サッカーにおけるビルドアップ。この記事ではスペインで言うサリーダ・デ・バロンにおいて3-3-1や3-2-2などの3バックで行う方法について解説します。年齢やレベル、指導者の落とし込み方で大きく変わるので正直正しい方法はありませんが、具体的な例を提示します。
練習メニュー【5対5+2】スペースの活用・マークを外す動きを学ぶ

練習メニュー【5対5+2】スペースの活用・マークを外す動きを学ぶ

前線からハイプレスをかけて行くることが多いジュニア年代でビルドアップを行うには、ショートとロングパスを使い分ける必要があります。そのためには味方と連動した動きやスペースの活用、マークを外す動きがポイントになってきます。それらをまとめて練習できるメニューの紹介です。
Return Top