Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

マネジメントに関する記事一覧


マネジメント

子どもたちがサッカーを始めたばかりの頃、まだまだサッカーに対する動機は薄いです。そのためコーチのアプローチは高学年のようにはいきません。最初の段階に必要な外発的動機づけと具体的な指導例を解説します。

マネジメント

少年サッカーでは、コーチと子どもたちの間に信頼関係ができていないとチームは上手くいきません。 信頼関係がなくなる原因との解決方法について解説します。

マネジメント

少年サッカーでは勝利を目指すべきかそれとも育成を重視するべきか。 この2つは対立するものではなく同じものです。 現場での疑問を解決します。

マネジメント

少年サッカーの指導においてリフティング練習の必要性の有無、指導者のスタンス、【サッカー上達のためのツールとしてのリフティング練習】という独自の視点で解説しています。

マネジメント

少年サッカーの練習は週何日が良いのか、何分やる必要があるか。自主練習はどれくらいやるべきか。 練習しすぎのリスク、適切な日数と時間。上手くなる仕組みについて解説します。

マネジメント

サッカーに対して子どものやる気や真剣さが感じられない。その原因は心理学でいう内発的動機づけ。サッカーコーチの基本的な基礎知識を解説。

マネジメント

サッカーコーチが一番注意を払わなければならないのは選手をコントロールできなくなるチーム崩壊。 そのプロセスと解決方法について解説します。

マネジメント

選手が上手く状況判断ができずに困っている時に、選択肢を限定すると負荷が下がりますが、見るべき対象をよりクリアにするための方法を心理学の観点から解説します。

マネジメント

少年サッカーで選手たちのどうしの声出し、コーチングができない理由と解決方法を解説します。

マネジメント

ジュニア年代でもよくある二元論的な考えはサッカー選手として大事なものが欠落する可能性が高いです。 「パスサッカーとドリブル」 「ロングボールとショートパス」 全てサッカーには必要な要素でそもそも対立する概念ではなく「状況に合わせて使いこなす必要」があることについて解説しています。