Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

練習メニューに関する記事一覧


練習メニュー

ジュニア年代の試合において、選手たちのサポートが止まってしまい、動き直しができないことでボールが循環しないということがあります。この記事ではサポートとポジショニングの修正を連続させる練習メニューを紹介します。

練習メニュー

この記事では、サッカーの攻撃のフェーズにおける崩し方の練習メニューを紹介します。3対2の数的優位な状況から効果的な崩しを行うための基礎的な戦術とポイントを解説します。

練習メニュー

この記事では、ジュニア年代でビルドアップ攻撃を行う際の基礎的な戦術が詰まった練習メニューを紹介します。運ぶドリブル、相手をひきつけるフィハール、サポートを通じて数的優位を作ることができます。

練習メニュー

数的優位な状態を効果的に使うための基礎戦術フィハール。スペイン語で相手を引きつける意。低学年向けの練習メニューを3つ紹介します。

練習メニュー

攻撃のベースとなるコンビネーションプレー。成功させるには良い状態でパスを受け、突破した後に的確にパスを出すこと。2対2をベースにしたサポートも学べる練習メニューの紹介です。

練習メニュー

前線からハイプレスをかけて行くることが多いジュニア年代でビルドアップを行うには、ショートとロングパスを使い分ける必要があります。そのためには味方と連動した動きやスペースの活用、マークを外す動きがポイントになってきます。それらをまとめて練習できるメニューの紹介です。

練習メニュー

素早くサポートを行うことや身体の向きを整えることの重要性は小学生年代から学んでおくべき要素。小学5年生からできるサポートの基本、サイドと中央のボールの動かし方の基本がわかる練習メニューです。

練習メニュー

ビルドアップの始まりから前進のフェーズにおいて必要となる戦術・テクニックアクションが学べる練習メニューです。コントロールオリエンタードや運ぶドリブルをどのように使うかを解説します。

練習メニュー

小学生年代の攻撃をどのように行うか。基礎となるのはコンビネーション。 ドリブルばかりの攻撃ではなく、コンビネーションを高めたい方。2人組のコンビネーションの理屈と指導方法を解説。小学5年生くらいからできる練習メニューの紹介です。

練習メニュー

小学2,3年生を対象とした壁パス(ワンツー)とドリブルを使い分ける3人組でのサッカー・練習メニューです。コンビネーションプレーの基礎となる部分なので、低学年生にお勧めです。