Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

コーチングに関する記事一覧


コーチング

少年サッカーの試合中、コーチどうしの意見が合わなくて指導が難しくなる、選手が混乱するという問題。 解決するにはメインコーチとアシスタントコーチの立場と役割を明確にすることです。

コーチング

少年サッカーにおける試合時のコーチング・マネジメントを徹底解説します。 基本的な考えや応用、試合前後のミーティング、ハーフタイムそして試合中のコーチング方法について詳しく解説します。

コーチング

選手が戦術的なスキルを獲得するには「知識を得る→意識させる→思い出させる→無意識のレベルに到達」という4つのステップを通します。 子どもたちが戦術的スキルを獲得するためのコーチング方法を詳しく解説しています。

コーチング

選手を上手くさせるためのコーチングが、実は成長を妨げるということがあります。 それはみに見えない現象を的確に捉え切れていないということ。指導者が陥りがちな結果論的な指摘にならないコーチングについて解説します。

コーチング

サッカーの育成において、子どもたちの長所を伸ばす、短所を克服することはどういうことか。 具体的なコーチング方法、コーチから選手へのアプローチの仕方、ポジションとの関係性について解説します。

コーチング

少年サッカーコーチは子どもにいろいろ教えたくなりますが、実は本質は教えるではなくできるようにすること。この違いを理解しないと選手は上手くなりません。

コーチング

サッカーのコーチングで一番重要なのは選手の心を理解すること。「選手のモチベーションの段階」に適した具体的なアプローチについて解説します。

コーチング

選手が上手くなるための方法=コツがキーファクターです。選手はキーファクターを手掛かりにプレーの幅を広げ、パフォーマンスを向上させます。 今回は指導する時に最も重要な要素の一つであるキーファクターについて解説します。

コーチング

サッカー指導におけるコーチングの1つとしてフリーズというものがあります。 練習で問題点が出た時にプレーをストップして現象を解説して改善を促すコーチング。プレーを即時にフィードバックすることで選手に分かりやすく伝えるコーチング方法です。 ただ、このフリーズコーチングには他のメリットもあります。この記事では、僕が体感した褒めるフリーズコーチングのメリット・デメリットについて解説します。