Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

戦術指導に関する記事一覧


戦術指導

サッカーにおけるオフザボール。動きの重要性は理解できますがどのように教えるかは結構難しいです。この記事では2つの要素を理解して3ステップでコーチングする方法を解説します。

戦術指導

子どもたちの状況判断力を鍛えるには、戦術メモリーを高める必要があります。日本ではあまり聞きなれないこの言葉。 戦術メモリーとは何か、少年サッカーにおける指導のポイントを解説します。

戦術指導

日本の小学生年代で定着している8人制サッカー。11人制と比べて人数を減らすことで様々なメリットがあります。基本的な考えと共に、その中でも重要な戦術的負荷が下がることについて解説します。

戦術指導

少年サッカーにおいて各ポジションの役割が分からないという現象。 これはポジション毎にタスクを設定していないのが原因です。 タスク設定の重要性と具体的な例を解説します。

戦術指導

少年サッカーで子どもたちがポジションが分からない、細かなポジショニングが理解できない現象。 解決のための指導方法を解説します。

戦術指導

少年サッカーで子どもたちがポジションを理解できずサッカーがカオスになる現象。これを解決するには最初にスタートポジションを整理することです。基本的な考えと具体的な方法について解説します。

戦術指導

ジュニアサッカーにおいて、視野が狭い・周りが見えていない選手の解決方法。 テクニックの問題と周囲を見るタイミング、身体の向きの作り方について解説します。

戦術指導

選手がミスをした時に、ついテクニック(技術)のミスを指摘してしまいますが、そのミスの原因は本当にそこなのか? 選手のプレーにおける4つのプロセスをもとに少年サッカー指導に役立てるように解説します。

戦術指導

「状況判断」や「選択肢を持つ」ことの重要性は分かりますが具体的な方法論についてはあまり語られていない。 そのためにコーチがやるべきことを解説します。

戦術指導

サッカーというスポーツにおけるボールを持っていない時の動き、すなわちオフザボールの動きはとても大事なポイントです。 この部分を観察すると育成年代の選手がサッカーをよりよく理解しているか、適切なプレーを意識的に行なっているか、また指導者によって日々指導されているかが分かります。 今回はジュニア年代から身につけておきたい「オフザボールの動き」について解説しています。