Junior Soccer College Written by ジュニアサッカー大学

指導実践に関する記事一覧


戦術指導

子どもたちの状況判断力を鍛えるには、戦術メモリーを高める必要があります。日本ではあまり聞きなれないこの言葉。 戦術メモリーとは何か、少年サッカーにおける指導のポイントを解説します。

マネジメント

子どもたちがサッカーを始めたばかりの頃、まだまだサッカーに対する動機は薄いです。そのためコーチのアプローチは高学年のようにはいきません。最初の段階に必要な外発的動機づけと具体的な指導例を解説します。

戦術指導

日本の小学生年代で定着している8人制サッカー。11人制と比べて人数を減らすことで様々なメリットがあります。基本的な考えと共に、その中でも重要な戦術的負荷が下がることについて解説します。

チーム作り

ジュニア年代において子どもたちのポジションをどのように決めるべきか。重要なのな選手の特徴と各ポジションの役割、そして子どもたちの将来性。ポジションの決め方を具体的な例とともに解説します。

チーム作り

少年サッカーにおいて選手たちのポジションを固定するべきか、それともいろんなポジションでプレーさせるべきか迷うことがありますね。いつ固定していつはいろんなポジションをさせるべきか。それぞれの具体的なメリットとデメリット、実践的指導方法について解説します。

戦術指導

少年サッカーにおいて各ポジションの役割が分からないという現象。 これはポジション毎にタスクを設定していないのが原因です。 タスク設定の重要性と具体的な例を解説します。

コーチング

少年サッカーの試合中、コーチどうしの意見が合わなくて指導が難しくなる、選手が混乱するという問題。 解決するにはメインコーチとアシスタントコーチの立場と役割を明確にすることです。

コーチング

少年サッカーにおける試合時のコーチング・マネジメントを徹底解説します。 基本的な考えや応用、試合前後のミーティング、ハーフタイムそして試合中のコーチング方法について詳しく解説します。

マネジメント

少年サッカーでは、コーチと子どもたちの間に信頼関係ができていないとチームは上手くいきません。 信頼関係がなくなる原因との解決方法について解説します。

マネジメント

少年サッカーでは勝利を目指すべきかそれとも育成を重視するべきか。 この2つは対立するものではなく同じものです。 現場での疑問を解決します。