ジュニアサッカー大学

ジュニアサッカーコーチのための学びの場。基礎的な知識から専門的な知識まで、指導現場で役立つリアルな情報を発信

練習メニュー【プレッシングの基本を学ぶ】5対3のポゼッション

練習メニュー【プレッシングの基本を学ぶ】5対3のポゼッション

こんにちは。講師のカズです。

本記事は練習メニューの紹介で、グループでのプレッシングの基礎を学ぶためのトレーニングです。

対象としては小学4〜6年生。

ジュニア年代でもプレッシングの守備の基礎戦術はとても重要なものですが、攻撃よりも練習にあまり時間が割かれていないかもしれません。

✔︎守備の基本的な動き方を知りたい

✔︎グループでの守備の練習メニューがないかな?

✔︎指導する時のポイントを知りたい


今回はこういう方向けの内容です。

守備の個人・グループ戦術が学べる練習メニューなので、ぜひ試してみてください。

(※動画で見たい方はこちら)

練習メニューのオーガナイズ


【説明】

図のように選手を配置します。
5対3ですが片方のサイドで4対3からスタート。

もう片方のコートには攻撃が1人いて、ボールが渡ればそのままコートに入り再び4対3から前進を目指します。

最初は中央のラインはドリブル通過のみと設定していますが、状況に応じて臨機応変に変更しても構いません。

守備側はボールを奪ったらOK。
奪ったら奪われた選手と攻守交代。
もしくは一番長くディフェンスをしている選手が攻撃に入ります。

【時間】

ぼくの場合は15〜20分あたりで設定しています。

練習メニューのテーマ


練習メニューのテーマは下記の通り。

■目的:
相手の前進に対する守備

■ツール:
【戦術アクション】
 プレッシング、カバーリング、マーク(ゾーン)、スライド、予測
【テクニックアクション】
 インターセプト


目的とツールといったテーマ設定がよくわからないという方は、【練習テーマの設定方法】少年サッカー・レベル別に解説をご覧下さい。

この練習メニューで押さえておくポイント

よくあるミス

ジュニア年代でよくあるミスをいくつか紹介します。

1.サイドの選手が飛び出してしまう
2.マンツーマンでマークしてしまい展開される
3.サイドに食いつきすぎてギャップを開けてしまう


ぼくの経験上、このようなミスが現象として起きます。

キーファクター

先ほどのミスに対応する形でキーファクターを設定します。

ここでは以下のように設定しました。

1.相手中央の選手がボールを持ったら守備側も中央の選手がプレスに行く

2.サイドに入ったら逆サイドはカバーリングを意識しながら2つのパスコースを狙う
3.ギャップを閉じながらサイドへ誘導して狙う

他にもいくつかのキーファクターもあると思いますが、現場で調整しながら設定していきましょう。

この練習メニューの実践的な取り組み

習得までの期間(予想)

ぼくの経験上、トレーニングを理解して実践できるようになるには5〜6回のトレーニングで可能だと思います。

ただ、試合の中で組織的にプレーできるかというと、もう1段階上のレベルでトレーニングをする必要がありますね。

どちらかというとプレッシングを理解させる際の導入として、ぼく自身は位置付けています。

なのでもう少し大きいグループでのトレーニングの前段階として位置付けています。

もう少し試合に近い状況、複雑な練習メニューについては下記の記事をご覧ください。

まとめ:普遍的なトレーニングなのでもう少しゲームモデルに近づける

今回はグループでのプレスの練習メニューについて解説しました。

ぼく自身としてはチームとして機能的なプレスを行う際の最小単位として3人組のユニットを考えていますが、さらにゲームモデルに近づけるにはもう1段階上のレベルの練習メニューを行う必要があると思います。

ただ、ある程度基本的なコンセプトが入っている練習メニューなので最初の取り掛かりとしては有効的だと思います。

みなさんも実際の指導現場でぜひ試してみてください。

動画で解説

Return Top