ジュニアサッカー大学

ジュニアサッカーコーチのための学びの場。基礎的な知識から専門的な知識まで、指導現場で役立つリアルな情報を発信

【壁パスとドリブルで敵を迷わせる】『ジュニアサッカー攻撃の基礎』〜2対1のコンビネーション突破〜

【壁パスとドリブルで敵を迷わせる】『ジュニアサッカー攻撃の基礎』〜2対1のコンビネーション突破〜

今回は「壁パスと突破のドリブル」を使って相手を攻略する練習メニューの紹介です。

2対1の状況は攻略の仕方を知らないと有利にならないので、この練習キーファクターを通じて「コツ」を解説したいと思います。

最後に動画を貼っておきますので、そっちがわかりやすい方は全部飛ばして最後の動画へ進んでください。

Contents

1.練習メニューの説明

2.目的とツール

3.キーファクターのまとめ

4.動画で見たい方はこちら

1.練習メニューの紹介

2対1の壁パス(ワンツー) or ドリブル突破

■タイトル:2対1の壁パスorドリブル突破

■オーガナイズ

4角形の角にマーカーで小さなゴールを設定して4人がそれぞれの前に立つ。

ボールを2つ用意し、ボールを持っている人が対角線にならないように隣の角に立つ。

どちらかが対角線の向かいの選手にパスを出したらアプローチ→そのまま守備役。

ボールを受けた選手はもう1組のボールを持っていない選手とペアになって2対1の攻撃。

壁パスかドリブルで敵を攻略し、前方のマカー間のゴールを目指す。

終わったら反対の対角線のペアがスタート。それを繰り返す。

※守備が奪った場合はそのまま終了でも良い(自由にアレンジ)

■ノルマ(ルール)
特になし

2.目的とツール

■目的:

〜『攻撃側』〜

前進・フィニッシュ

(※11のチームアクションの詳細はコチラ

■ツール(目的達成のためのツール)

〜『攻撃側』〜

【戦術コンセプト】

 ①壁パス(ワンツー)

【テクニックアクション】

 ①突破のドリブル(Regate)

3.キーファクターのまとめ

『攻撃』

①パスするふりしてドリブルか、ドリブルするふりをしてパスかのフェイントを入れる

②敵をひきつけてからアクションを行う

③スピードを変化させる。(ゆっくりから速く)

④敵が前ががりになっているタイミングを狙う

⑤サポートの選手がいる方に抜きにかからない

⑥敵がワンツーに対応して裏が取れない場合は止まって受け直す

⑦壁パスのリターンはスペースへボールを出す

⑧壁役の選手はパスを出すギリギリまで味方の状態を見る

といった感じです。

他にもいろんなキーファクターがあると思うので、それぞれ選手に合うものを考えましょう。

また、今回は守備の部分にフォーカスしていませんが、もちろんそちらにフォーカスしてもOK。

その時は守備用のキーファクターを用意しましょう。

4.動画で見たい方


Return Top