ジュニアサッカー大学

ジュニアサッカーコーチのための学びの場。基礎的な知識から専門的な知識まで、指導現場で役立つリアルな情報を発信

サッカーにおけるフィニッシュ「目的はゴールを目指すこと」

サッカーにおけるフィニッシュ「目的はゴールを目指すこと」

サッカーのゲーム中、自分たちのチームが今何をしている場面か?
をわかりやすく分類するためにジュニアサッカー 大学では「11個のチーム全体のアクション」を設定しています。

今回は「サッカーの複雑な現象」をわかりやすく整理するためのフレームワーク『11個あるチーム全体のアクション』から
「ビルドアップの始まり」→「前進と保持」の次にくる『フィニッシュ』について解説します。

✔︎この記事の内容

①フィニッシュって何?

②「ビルドアップ始まり」「前進と保持」との関係性

フィニッシュの状態というのは敵のゴール付近で発生しますが、サッカー全体の構造の中で見た時には下図の黒い部分にあたります。

フィニッシュ

図を見てもわかるように、「ビルドアップの始まり」→「前進と保持」→そして「シュートチャンスを作る「フィニッシュ」。

なんとなく一連の流れがイメージできますか?

では、さっそく見て行きましょう。

①フィニッシュって何?

サッカーでの「フィニッシュ」は最後のシュートの意味ですが、フェーズとして見た時には、「シュートチャンスにつながる部分とそこからのシュートまで」あたりがこれに含まれます。

サッカーの1番の目的は「敵のゴールを奪い、自分のゴールを守る」こと。

まさにサッカーの醍醐味で一番エキサイティングなシーンです。

ピッチの中央をコンビネーションで崩したり、サイドを突破してクロス(センタリング)を入れたり、ディフェンスラインの背後を狙ったスルーパス、ドリブルで切れ込んでシュートなど、様々な方法でゴールを目指します。

現代サッカーではFWの選手だけでなく、サイドバック、ミドフィルダーなど様々なポジションの選手が敵のゴール前でのフィニッシュに絡んできます。

②「ビルドアップの始まり」「前進と保持」との関係性

フィニッシュ

大まかな攻撃の流れのイメージとしては「ビルドアップの始まり」があり次に「ボールを保持しながらの前進」のフェーズ、そしてその次に「フィニッシュ」のフェーズがきます。

もちろん「ボールを奪う位置」によってビルドアップの始まりが省略されたり、超ロングシュートで前進をすっ飛ばすこともあります。

ただ、複雑なサッカーというスポーツを言葉で整理して見た時に、このような分類の仕方をした方がわかりやすくなりますね。

では、フィニッシュとその前の2つのフェーズにはどのような関係性があるのでしょうか?

「ビルドアップの始まり」と「前進と保持」の役割をカンタンに言うとズバリ

『フィニッシュの時に良い状態を作ること』だとボクは考えています。

???

よくわからないという感じですね。

つまり、敵のゴール前で数的優位を作ったり、精度の高いクロスを上げるために効果的な前進をする、そのためにビルドアップの始まりのフェーズもポイントになるということです。

ゴールからの逆算で作られて行くイメージです。

「ビルドアップの始まり」→「前進と保持」→「フィニッシュ」の一連の流れ。

ビルドアップの始まり
前進と保持
フィニッシュ

攻撃のフェーズにおいてこのように3つのシーンが厳密に分かれているのではなく、全てはつながっています。

ただ、この3つのフェーズではボールの動かし方や、必要な戦術コンセプトやテクニックアクションが異なってきます。

なので、ジュニア年代などの育成年代にたずさわるコーチはこのようにシーンを分けて考えると選手に学ばせたいものが見えてくると思います。

フィニッシュは攻撃の最後のフェーズで、前進などのその前のアクションは「効果的にフィニッシュ」の場面を迎えるためのもの。
攻撃の3つのフェーズはそれぞれ独立しながらもつながっていると理解しましょう。

Return Top