ジュニアサッカー大学

ジュニアサッカーコーチのための学びの場。基礎的な知識から専門的な知識まで、指導現場で役立つリアルな情報を発信

少年サッカーコーチの仕事は教えるではなく「できるようにする」こと

少年サッカーコーチの仕事は教えるではなく「できるようにする」こと

少年サッカーにおいてコーチのモチベーションは「子どもたちの成長を実感すること」が大きいと思います。

ただ、上手くすることができるコーチとそうでないコーチがいるのも事実です。

今回は「教えているけど上手くならない現象」について解説します。

✅一生懸命教えているけどなかなか子どものスキルが上がらない

✅今年はチームのレベルが低いから教えても上手くならないかなあ

✅そもそもサッカーコーチの仕事って?

✔︎記事のテーマ:「コーチが教えるというスタンスでは上手くならない。」

✔︎目次

①少年サッカーコーチの仕事はできるようにすること

②教えてるけど上手くならないサッカーコーチの問題点

③少年サッカーを指導する時は教えるではなく「つかませる」コーチングが必要

④まとめ

⑤動画で見たい方

①少年サッカーコーチの仕事はできるようにすること

「サッカーコーチの仕事」という言葉を聞いた時に最初に浮かぶのは「サッカーを教えること」というイメージが強いですが、これは正解のようで正解ではありません。

しかも、このニュアンスでいくと遅かれ早かれ「子どもが成長しないコーチ」になってしまいます。

私が考えるサッカーコーチの最大の仕事は次の通りです。

選手ができなかったことをできるようにすること

シンプルですが、25年の指導経験と他のサッカーコーチをよく観察した結果「選手が上手くなるようにさせれるコーチとそうでないコーチ」の違いは「教えれる」ではなく「できるようにすること」だと結論付けています。

・「教える」→コーチ側のアクション
・「できるようになる」→選手側の変化

つまり「教える」というのは「コーチ側のアクション」でベースがコーチにある。

反対に「できるようになる」というのは「選手側の変化」です。

これが何を意味するかというと「選手が上達することにコミットする」ことが少年サッカーコーチの一番重要な仕事で、「教える」というのはその先にある「できる」ための手でしかないということです。

サッカーコーチの仕事は「個人個人のレベルは関係なしに、選手が上達するという結果が全て」です。

②教えてるけど上手くならないサッカーコーチの問題点

教えるためにはその内容、つまり「知識」が必要ですが、当然サッカーコーチは「多くの知識を得る」ことは必須です。

しかしそれだけでは不十分で「その知識を使って選手のレベルアップを図ること」が最も重要な課題ですよね。

いくつかのコーチの問題点を考えてみます。

A.教えているけど選手ができないという場合、問題が選手側にあるという意識

 これはよくあるコーチ側の意見ですが

「教えてるけど上手くならないんですよ。サッカーが本気でない子が多いからかなあ」

「今年のチームはレベルが高くないから、教えてもなかなかできない」

この言葉を使う指導者はコーチ失格です。

皆さんもう気づいていると思いますが、責任が選手側に移ってしまっています。

この心理の裏側にあるのは「自分の指導は問題ない」

そもそも「サッカーが本気でない」のが原因であれば、それを良い方向に導くのもコーチの仕事です。

B.教えることが目的化して自己満足に陥る

勉強熱心な指導者ほど、知識に頼りすぎる傾向があります。

「自分が学んだ知識を選手に教えよう」

「最新の戦術を選手に教えよう」

それ自体は悪くないですが、選手が必要としている「今学ぶべきこと」と乖離している場合は意味のない指導になってしまいます。

C.何らかのアプローチした後の選手の反応を観察できていない

選手に何かを教えるということは、それによって選手が変化することを期待しています。

しかし、アプローチ後の選手の反応や変化をよく観察しないと、自分が提供したものが良かったかどうかがわかりません。

コーチにとって観察力は重要なスキルですが、意外とそれができていなくて「教えているけど選手ができない」という負のスパイラルに入ってしますコーチは多いです。

③少年サッカーを指導する時は「教える」ではなく「つかませる」コーチングが必要

結局は「教えること」の先にある「選手がコツをつかんでいるか」にフォーカスする必要があります。

むしろ「知識を与える」のではなく「できるようになってほしいスキル」に対してその感覚を「選手自身につかませる」ためにどのようなアプローチをしないといけないか?

といった部分を深く掘り下げる必要があります。

これはテクニックでも戦術面でも同じです。

例えば

「インステップキックの蹴り方を教える」

「2対2での崩し方を教える」

にしても、教えるのは知識があれば誰でもできます。

ただし、そのあとに「実際に選手ができるようになる」には「教えるだけでは不十分」ということは想像できますよね。

「どうやったら選手ができるようになるのか?」

こうすると意識は選手側を中心としています。

しかしこの「できるようになるための方法」はコーチ自身でつかむ必要があります。

もし「選手がコツをつかむ方法を教えてほしい」とコーチが思うなら、残念ですがコーチとしての成長は望めません。

ここは様々な知識や経験が複雑に絡まりあっている部分なので、コーチ自らつかむしかないのです。

そのために日々知識を入れて、選手をよく観察し、様々なアプローチを試みながらコーチ自身で自分の指導スタイルを確立して行くことが必要です。

これだけサッカーコーチに関する情報が溢れているにも関わらず、一生懸命勉強しているにも関わらず、唯一の方法がない。

全てのサッカーコーチが「選手を上達させることができるようにはならない」という理由がここにあります。

④まとめ

今回は少年サッカーの指導において「知識を教えるだけでは不十分で、つかませる指導が重要」ということについて解説しました。

サッカーコーチの仕事はテクニックや戦術、メンタル、フィジカル、人間性、全てにおいて選手を確実にレベルアップさせることです。

そしてこの「選手のレベルアップという結果に対して全責任を持つ」ことが重要です。

⑤動画で見たい方

Return Top